2017年03月19日

2017年3月19日_マスジギング@岩手綾里崎沖

日時/2017年3月19日(日)6:00出港、12:45寄港
場所/岩手綾里崎沖(やまきゅう龍神丸)
天候/晴れ
海況/波1.5m
釣果/ポンタラ3匹、クロソイ1匹(小)、アイナメ1匹(小)


昨年3回予約を入れ全部中止になったマスジギング、今年は天候に恵まれ出船出来たが、釣果が昨年より大分遅れているようでどの船も苦戦しているようだ。

2017031902.jpg

昨日綾里湾の方で釣れたとの情報でそちらに向かい弯の入口からスタート、水深は約70m。


2017031901.jpg
<綾里湾入口>  <綾里崎灯台沖>  <越喜来湾>

船長の話では棚は水深10〜50mだが念のため底から巻き上げてくる。
2〜3回移動した後に底付近でアタリが出た。
マダイや青物のジギングの場合アタリが出たら即あわせるが、マスジギングの場合二回目以降のアタリで向こう合わせぎみに合わせるらしい。
と分かってはいたが癖で思わず合わせてしまった。σ(^◇^;)
ところがその合わせで何かが掛かったがもちろんマスではなく40センチくらいのポンタラだった。(^^ゞ
その後もこのポイントでは降ろすたびにアタリがあり、6ヒット、3途中バラシ(多分ポンタラ)、3ゲット(ポンタラ)と向こう合わせの良い練習になった。(*^▽^*)

綾里崎灯台沖のポイントでは、水深10mと40m付近にイサダとメロウドの良い反応が出ているようで、もしかしたらと期待が持てたがノーバイト。

2017031903.jpg
<綾里崎灯台>

最後は越喜来湾に戻り時間も延長してもらったが、残念ながら今回マスの顔は見られなかった。
posted by ケンタロウ at 00:00| ジギング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月05日

2017年3月5日_タイラバ・ジギング@山形大瀬

日時/2017年3月5日(日)6:00出港、16:00寄港
場所/山形大瀬(黒ひげ)
天候/晴れ
海況/波2.0→1.0m
釣果/マダイ1匹(70センチ、4.2キロ)、マゾイ1匹(小)


例年だと3月後半から行っていた春の乗っ込み桜鯛に、今年はチョット早めにいたさんと行って来た。
ネットで情報を見ると釣果はバラバラで日によってムラがある。
ただ青物が結構いるようで、タイを狙うのには邪魔だが何も来ないよりはいいかな?
と思っていたが・・・σ(^◇^;)

出船は6時でポイントの大瀬までは約2時間、港を出たときは結構うねりがあったが着く頃には大分おさまっていた。
水深は60m〜80m、今回は一日通してタイラバを使用、重さは80〜100gを使ったが潮があまり速くなく場所によっては60gでも行けそうな感じだった。

開始早々魚探には反応があるようだが食い気が無いのか誰にもアタリが無い。σ(^◇^;)
それでも何度か流していると、小型のソイやメバル類、そしてサビキを使っている人にはヒメなども多少かかって来るがマダイは全くアタリすらない。

それでも魚探の反応はますます良くなりついには画面全部が魚だらけに・・・(*^▽^*)
しかしそれでも食ってこないとは?????。

2017030503.jpg
        <正面は粟島>

午前中やって船中マダイは1匹だけ。(30センチ半ば)
自分は小型のマゾイ一匹のみ。(>o<)
他の船も同様にマダイはほとんど上がってないようだし、さらに数日前までうるさかった青物までも全然気配が無く全く釣れていない。

午後になって大きく移動の途中でナブラを見つけそこを攻めるがアタリなし・・・
ところがナブラがおさまった後少しして突然竿先が持って行かれた。
前アタリが無かったので何だか分からず取り敢えず魚にまかせたら、糸がどんどん出されていく。
最初の糸の出方では青物かマダイか分からなかったが、やりとりしているウチに8割方マダイと確信。^^;
船の後ろに回りながら10分以上格闘しようやく泡と一緒にボコっと浮いてきたのは70センチ、4.2キロの大鯛だった。\(^o^)/

2017030501.jpg
2017030502.jpg

その後雰囲気は良かったがアタリは出ず14時に沖上がりとなった。
posted by ケンタロウ at 00:00| タイ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

2017年1月1日_初釣りの儀@ナメタ五目

日時/2017年1月1日(日)6:00出港、13:30寄港
場所/網地島沖(東北丸)
天候/晴れ
海況/波1.0m
釣果/
ケンタロウ:ナメタ1枚(40cm)、アイナメ5匹(チビ〜47cm)、ドンコ6匹、マガレイ1枚(極小)、ヒガンフグ1匹(25cm・リリース^^;)
コイタロウ:マコガレイ1枚(33cm)、マガレイ1枚(28cm)、アイナメ6匹(MAX47cm)、ドンコ6匹、マアナゴ1本(60cm)、スケソウダラ1匹(45cm)、メバル1匹(25cm)


今年の初釣りも昨年に続きナメタ五目。
やはりお正月にかかせない魚なので、コイタロウと義兄と行って来た。

昨年のポイントは県南の方だったが、今年は北に上がって網地島沖。

2017010102.jpg

スタートから初日の出を拝むことが出来、前途洋々だったのだが・・・^^;

2017010101.jpg

水深は約40m、中々はじめのアタリは遠かったが、今年初めのアタリは小さくコツコツと、ナメタのような感じもしたが上がってきたのは残念ながら小さなアイナメ。^^;
しかし今まで周りもあまりアタリが無かったのが、ここにきてカレイやドンコなども釣れ、魚っ気が出てきていたのでもしかしたらと思ってたら「コツン」と小さなアタリ。
送って2度目のアタリで合わせると「ゴンゴンゴン」とアイナメのような感じもするが重量感が感じられ、もしかしたらナメタガレイ?
慎重に上げてきてコイタロウにタモ入れしてもらったのは40cmの立派な子持ちのナメタガレイ。\(^o^)/

2017010105.jpg

するとコイタロウも竿を曲げていたが、残念ながらこちらは良型のマコガレイだった。
しかしこちらも卵はパンパンで見るからに旨そうだ。(^◇^;)

いいポイントに当たると、ドンコの入れ食があったり、アイナメのポイントではコイタロウと共に47cmのアイナメや中型もそこそこ釣れ、コイタロウは良型のアナゴや小型のスケソウまでゲット。(*^▽^*)

2017010103.jpg

とここまでは良かったのだが、残念ながらその後本命のナメタは来なかった。(>o<)

2017010104.jpg
<二人分の釣果です>
posted by ケンタロウ at 00:00| カレイ釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする